コンクリート二次製品製造用部品・建設現場施工用部品・コンクリート二次製品開発
HOME 会社概要 製品情報 企画開発 特注相談 お問合せ
フレキシブル側溝パーフェクトジョイント工法FG式コンクリート製品スリット調整カバー
ご挨拶

会社概要

製品情報

企画開発特注相談


お問合せ

環境への取り組み

SH型雨水浸透施設

SS側溝

 SH型雨水浸透施設 Rain Water Infiltration
私達の生活環境が発展していく一方で、地球規模での様々な環境問題が、増加しています。その中でも水環境は、最も私達の身近なものであります。
大雨による水害や、雨が降らないことによる川の枯渇、これらは生活環境だけでなく、自然環境にとっても苛酷な状況です。
その中で、対策として全国的に『雨水浸透施設』の設置を推奨する自治体が増えています。
『SH型雨水浸透施設』は、維持管理はもちろん、機能性・施工性に優れ、貯留浸透能力を最大限に発揮できる構造となっています。
雨水災害被害の抑制と潤いのある都市づくり
 ■浸透しない都市構造
開発により大地を舗装や屋根等で覆うことで、大雨が降ると一気に雨水は地表を流れ、洪水や浄化されない雨水が川や海に流れ出します。また、雨が降らないときの大地は水分を失い、植物や小動物には過酷な環境となり、川は枯渇してしまいます。さらに大雨時の為に、川は河川改修工事をして堤防を広く高く築き、水路側溝は大きなサイズに変更する事が必要で莫大な費用がかかってしまいます。
 ■環境型都市構造
浸透施設により雨水を積極的に浸透させることで、汚れた雨水を土壌の力で浄化でき、雨水の急激な流下を抑制し、大地や樹木に潤いを与えます。また、森林や緑化も雨水の流下を遅らせる効果が得られるだけでなく、それ自体に保水機能があり、蒸発散することで、温暖化防止効果もあります。自然と共存し雨の恵を活かせる街づくりが出来ます。
SH型雨水浸透施設とは?

    ●開孔部に浸透阻害防止構造を採用
    ●製品強度と開孔率を両立
    ●目詰まり抑制構造
    ●お客様第一のメンテナンスシステム(調整自在)
    ●浸透製品の天敵、泥の施設内混入予防システム
    ●用途に合わせた豊富なラインナップ
構造及びシステム
スリットホール開孔構造@ スリットホール開孔構造A
スリットホール構造は浸透施設に充填する単粒度砕石による排出孔の閉塞を防止し、雨水の浸透を阻害しない形状です。また、スリットのみでは、大きなゴミが浸透層に詰まる原因を作る事があり、施設内面には20o以下の径を持つ孔を必要数量以上配置しました。これによりコンクリートの横の繋がりが出来、製品強度にも有効です。
上記は従来の丸孔を有する浸透施設との比較です。従来施設では施工の段階で単粒度砕石が孔にはまり一定の開孔を確保できているか、わかりませんでした。さらに使用の段階では、ゴミ等が流入して隙間を埋め、孔の数が少ないとオーバーフローのリスクはもっと大きくなります。スリットホール構造では、施工の段階で、殆ど開孔率を損なわない機能を発揮します。
維持管理用品@ダスタープレート 維持管理用品Aセーフティフィルター
ダスタープレートは約50oピッチで高さ調整が出来、調整バーの抜き差しで施工後の高さ調整も簡単に出来ます。使用者の方がメンテナンスしやすいように考案しました。別荘地の枯葉の除去に。また施工時の配管高に合わせた位置にセットできるので大活躍です。
SH型の桝製品であれば購入後の後付け装着も、もちろん可能です。
浸透施設は維持管理がとても重要です。特に泥の問題は深刻で、浸透施設の能力を低下させてしまいます。機能低下のまま台風やゲリラ豪雨がきたら、危険です。ポーラス製の浸透施設では、特に泥を抑制するシステムがあったほうが良いと思います。(泥の流入のある場合)
セーフティーフィルターは、3層構造を持つ今ま
でにない維持管理システムです。
@オーバーフロー層(災害時に機能、重要)
Aゴミ受け層(ゴミの越流を抑える)
B泥溜め層(フィルターで泥を溜める)
施工例
@掘削 Aシート工据付 B単粒度砕石充填 Cスリットホール状況
Dフレーム・バーセット Eセーフティフィルター準備 Fセーフティフィルターセット G完成(後日舗装仕上)


サイトのご利用についてリンクについて個人情報について | お問合せ会社概要ホーム

株式会社 トウブ