コンクリート二次製品製造用部品・建設現場施工用部品・コンクリート二次製品開発
HOME 会社概要 製品情報 企画開発 特注相談 お問合せ
フレキシブル側溝パーフェクトジョイント工法FG式コンクリート製品スリット調整カバー
ご挨拶

会社概要

製品情報

企画開発特注相談


お問合せ

環境への取り組み

SH型雨水浸透施設

SS側溝

 パーフェクトジョイント工法 Perfect Joint
パーフェクトジョイントの特長
専用工具(パワーハンド)を使用することにより、コンクリート製品の引寄せが簡単に行えます。従来のバール等を使用した方法では大きな力を必要としましたが、パーフェクトジョイント工法では女性でもラクラク安全に施工が可能です。
パーフェクトジョイント工法は「テコの原理」を利用したワンタッチ施行ですので、いわゆる「目地工事」は不要です。その結果、施工性が大幅に向上し工事による交通規制期間が短縮すれば、交通渋滞の緩和に貢献できます。即日開放が可能です。
パーフェクトジョイント工法を採用することで、施工性が大幅に向上します。その結果、同一作業人員での施工距離が確実に長くなり、ジョイント作業が誰にでも簡単に行えますので、施工コストの縮減が可能です。
作業手順
製品の据え置き Pプレート・Pボルト取付け パワーハンドのセット
コンクリート製品を据え置きます
(製品の隙間の目安10o〜20o)

施工済の製品(右側)にPボルトをPプレートに通し、Pボルトが止まるまで挿入する。引寄せる製品(左側)にもPボルトを挿入し、その上にPプレートを掛ける パワーハンドの固定側(施工済)を丸穴側プレートとPボルトの間に入れ、下方向いっぱいに差し込み、移動側(引寄せる製品)同様に差し込む
ジョイント作業 Pボルトの固定 作業終了
パワーハンドバーを握り、手前にゆっくりと引き込んでいくと、製品の間の隙間がなくなりPボルトにPプレートのU型穴が入りロックされる パワーハンドを取り外し、ハンマーを用いてPボルトの頭を交互に叩いて奥まで打ち込む
(※取り外しの際は、スパナ等を使用)
1本あたり布設時間平均7分で作業完了
(※据え置き作業から連結作業終了まで=現場にて計測)


サイトのご利用についてリンクについて個人情報について | お問合せ会社概要ホーム

株式会社 トウブ